Read Article

描くことに集中できる! Tab-Mate Controller をレビュー

先日購入したTab-Mate Controllerを使い始めてそこそこ慣れてきましたので、試しに落書きしながらレビューしてみます。(使用したPCはVAIO Fit 15A ソフトはCLIP STUDIO PAINT PROです)

Exif_JPEG_PICTURE   まずはキーの設定

140603_tab_02↑初期設定はこんな感じです。このままでも良いでしょうが、自分仕様にカスタマイズしていきます。

140603_tab_03↑ステックがスクロールになっていましたが、正直動きがしっくりこないので、拡大・縮小へ変更して、手のひらツールやブラシのサイズ変更を上部のボタンへ。前方のサイドボタンには消しゴムツールと色混ぜツールへ一時変更できるようにしてみました。

140603_tab_04↑クイックメニューというステックの方向+Aボタン(前方上部のボタン)の組み合わせで使えるショートカットもあります。こちらは登録すればかなり多くのメニューを追加することができますが、わたしは操作ミスが多かったのでシンプルにしようと思います。

140603_tab_05↑上下方向を取り消しとやり直しにして、左右には表示関係のショートカットを割り当てました。

  なかなか気持ち良い

これで大体の操作はTab-Mateでまかなえる感じになりました。実際に使ってみますと、ボタンの少なさはありますが、とにかく描くことに集中できると思いました。もしこれがなかったら、ちょっとした操作もその都度メニューを開いて選択したり、ブラシツールの切り替えや画像の拡大縮小・移動などもかなり面倒なことになりますし、キーボードを用意して打つのもやはり描画のリズムが途切れる感じになってしまうので描いていて気持ちよくないと思います。

作業を途切れさせない、描いていて気持ちいいというのが、このTab-Mateはもちろん、他の多くの左手デバイスの利点ですね。

  惜しい点も

気になった点もありましたのでいくつか。まずはやっぱりコードが邪魔ですね。ワイヤレスにすると電池で重くなったり反応が遅れるとかあるのかもしれませんが、できればBluetoothとかで使いたいと感じました。持ち運びの面でも楽ですし。

それから、私はステックを回してズームできるようにしたのですが、使っているといつの間にかステックが上方向に引っかかってしまっていることが何度かありました。購入直後でこれですから、使い込んでいった場合の耐久性などに少々不安はありますね。

使用感はとても気に入っているので、多少価格が上がってもいいからワイヤレスの件と合わせて上位機種でも作ってくれると嬉しいのですが。

百聞は一見に如かずということで、使用中の動画もどうぞ

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top