Read Article

SONY VAIO Fit 15A 開封&保護フィルムをレビュー

今回はSONY VAIO Fit 15A SVF15N19DJS の開封レビューです。

実は買ったのは1月下旬ですからもう大分経つのですが、開封時の写真が残っていて折角なのでと思いまして。

この機種の購入を考えていた頃、迷っていたのは他に

1)Wacom Cintiq Companion DTH-W1300L/K0

2)lenovo ThinkPad T540p(3K液晶モデル)+ Wacom Cintiq 13HD

3)Apple MacBook Pro 15インチRetina +  Wacom Cintiq 13HD

といった組み合わせでした。結局VAIO Fit 15Aを選んだ理由は(高解像度+筆圧対応スタイラス+Office付きで実売価格が一番安かったから)といった単純な話です。それに一つの塊で一通りの作業がこなせそうだったのも魅力でした。今回は持ち運べることも重要視していたので。

もちろん手軽に絵を描くことを最重要項目にすれば、Cintiq Companionでしょうが、キーボードを別に持ち歩かないといけないし、性能面では確実に上な ThinkPad+Cintiq や MacBookPro+Cintiq では物が多すぎて持ち運べないので実質据え置き機みたいになりそうだったんです。まあ、今こうやって記事を書きながら考えてもそれぞれ魅力的な組み合わせですが。

結構長いことあーでもない、こーでもないって感じで迷ってたんですが、最後は価格.comで16万円を切ったのが決め手でえいやっと買ったわけです。悩んでるときは何でもいいから切っ掛けが欲しいもんですよね。

で、届いたときの写真がこちらです。
まずは外箱

Exif_JPEG_PICTURE

なかなか良い雰囲気です

Exif_JPEG_PICTURE

 

開けてみるとこんな感じ。これはちょっと地味かな。ダンボールって感じですね。

Exif_JPEG_PICTURE

そしてまず行ったのがこのフィルムを貼ることでした。

Exif_JPEG_PICTURE

スマホやタブレットは何度も貼っているので、多少は自信もあったんですが、このサイズは苦戦しました。めくっては埃取り、めくっては埃取りと繰り返すこと約20分・・・ようやく妥協できるとこまで出来て終了しました。

ちなみにこのフィルムを選んだのはスタイラスペンでの操作時に多少の抵抗が欲しかったからで、その点は大体イメージ通りでした。ただ、反射防止ということもありギラツブになるのを覚悟していましたが、意外とそうでもなくこちらはうれしい誤算でした。それでも画質優先の方にはクリアタイプ(反射防止ではないもの)をおすすめですね。

最後は起動時と閉じた状態です。
Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

詳しいレビューはまた別の記事でしたいと思いますので、よかったらまた見てください。

 

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top