Read Article

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 良かったけど・・

映画 「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」 がいよいよ公開されましたね。仮面ライダードライブの映画としては、前回の「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル」が、かなり面白かったので期待して見てきました。にわか目線ではありますが、ストーリーにはなるべく触れずに感想を話していきたいと思います。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見どころなど

個人的には、やはり一番の見どころは、仮面ライダー3号 黒井 響一郎 役の及川三博さんでしたね。さすがの演技でした。及川さんが3号役に決まった時から、良い人選だなあと思っていましたが、期待以上の存在感と特別なオーラを感じさせてくれました。もし別の役者さんだったら、映画の印象もかなり変わったものになっていただろうと思います。

そして、当時演じていた役者さんによる、歴代ライダーの変身シーンはやっぱりかっこいいです。とくに南 光太郎 役の倉田 てつをさんの変身シーンには、しびれました。映画が終わった後、「やっぱ南 光太郎かっこいいわぁ」と言っていたファンの方の気持ちが良く分かりました。もちろん、それぞれ変身シーンだけではなく、ストーリーへの絡みも重要で見ごたえあるシーンが沢山ありましたよ。

ストーリーについては、やはり二転三転と状況が変わり、誰が敵でだれが味方なのかというような、ある意味定番の展開ですが、なかなか楽しめました。ライダーグランプリは、やや強引な気もしましたが、これがメインみたいなものだし、これはこれで単純に面白かったです。

ニンニンジャーも

予告でも出てるように、この映画にはライダーだけではなく、戦隊からもニンニンジャーが登場します。こちらもかなり強引な出かたで、最初は「なんだかなぁ。」と思ってしまったのですが、全体的にシリアスな場面が多いこの映画の中で、ドライブとニンニンジャーのからみはなんというか、ほっこりできる楽しいシーンでした。実際、劇場内でも楽しそうな笑い声が聞こえて、私も楽しかったです。

ニンニンジャーとのからみについて、これはちょっとネタバレになるのかもしれませんが、なんと、トライドロンがオトモ忍というか人型になってシュリケンジンに乗りこんじゃうんですよ。これは知らなかったのでびっくりしました。良い意味でなんでもありですねホント。それにしてもこの人型トライドロン、是非とも商品化してほしいですね。戦隊職人に期待してます!

最後は疑問(ネタバレかも?)

で、まあ、そんなこんなで大団円かなと思っていたら、最後にとんでもないことになっちゃってるんですよね。えーっ!!それで終わっちゃうの?っていう。ま、まあ、これもおまけのDVDを見れはすっきりするのだろうと、帰ってから見たのですが・・・こちらもなんと途中まで!!続きはdビデオで、というのです。しかし、この展開にはちょっと疑問ですね。映画を見た方の何人がdビデオを見るのでしょうか?確かに大人のファンも多いわけですが、小さい子にとって、この終わり方って理解できたのかな?と。できれば本筋は映画の中で完結させて、テレビ本編へ戻して欲しかったですね。DVDとかdビデオとかは本筋に影響ない範囲で別エピソードにしたほうが良いと個人的には思いました。

というわけで、最後の一点はどうも腑に落ちないですが、その他はとても楽しめました。それだけに本当にもったいない終わり方だなと感じてしまいます。まあ、見ますけどね。dビデオでも。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top