Read Article

ICANNを名乗るフィッシングメールが来た

今回はICANNを名乗るフィッシングメールが来たので報告です。

メールの内容は以下のようになっていました。140920_fsm

要約すると、期限までにお金を払わないとドメインを失効するというような警告メールでした。

恥ずかしながら、このメールが来るまでICANNというもの自体知らなかったので調べてみると、IPアドレスやドメインを管理する団体ということで特に怪しい存在では無いみたいでした。金額も高くないので、本物かな?とも思えました。

ただ、私はお名前.comでドメインを取得しているのですが、お名前.com以外にも支払いが発生するという話は無かったと思いましたので、とりあえずサポートに連絡してみました。すると案の定といいますかフィッシングの可能性が高いので、破棄するようにとの連絡がありました。

以下その時のメールの抜粋です

ご指摘いただいております英文のメールについてお調べいたしま
したところ、Whois※情報のドメイン管理者のメールアドレス宛に
ドメインの更新を促すメールが第三者より送信されているようで
す。

お名前.comでは、日本語でドメインの更新案内を行っており、英
文での更新のご案内は、弊社とは一切関係ございません。

※Whoisとは、世界中で登録されているドメインに関する各種情報
(登録者情報や管理担当者情報など)を保存するデータベースで
す。このデータベースは各トップレベルドメインのレジストリ、
またはそのドメインを登録したレジストラが保有し、インターネ
ット上で公開しており、上位レジストリより必ず公開される情報
として規定されております。

また、このフィッシングサイトの可能性が高いため、メールに記
載されているリンクなどをクリックせずに破棄していただけます
ようお願いいたします。

というわけで結果としては事なきを得たのですが、人生初のフィッシングは英語のメールということもあり、危うくだまされそうになってしまいました。英語が読めないのはやっぱり不利ですね。。

どうぞ皆様もお気を付けを。

 

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top